「JAのこと」ページ

JA佐波伊勢崎の概要

地域の皆様の夢と未来を見つけるお手伝い。

JA佐波伊勢崎の概要

JA佐波伊勢崎では組合員のみなさまをはじめ地域社会のみなさまが気軽にご利用できる暮らしに役立つ様々な事業を展開しております。

組合長あいさつ

JA佐波伊勢崎のホームページへようこそ!
当JAは、群馬県の中央に位置する伊勢崎市と、隣接する玉村町をエリアとしています。管内は年間日照時間が長く、農産物の品目数が豊富です。また、県内有数の米麦地帯でもあり、二毛作(同じ土地で米と麦を交互に栽培)をしています。伊勢崎市・玉村町で主に栽培されている米の品種は「あさひの夢」で、稲穂がきれいで検査等級も良く、収量が多いのが特徴です。地域貢献への取り組みとして、伊勢崎市の学校給食で使用するお米は管内産の「あさひの夢」を提供しています。さらに、管内6ヶ所の農畜産物直売所では、地元で生産された新鮮な農畜産物の直売を行い、からか~ぜ まゆの郷・同たまむら店では、店内調理の香ばしい焼きたてパンも販売しています。当JAは食の安全・安心を目指し、厳格な品質管理に取り組んでいます。
当JA管内へぜひお出かけください。

JA佐波伊勢崎 代表理事組合長 森村 孝利

森村組合長

経営理念

「信頼・改革・貢献」

JA佐波伊勢崎は、農業振興と生活に必要な各種サービスの提供を通じて、地域から必要とされるJAを目指します。

JA佐波伊勢崎は、JAの使命であり定款第1条(目的)に定める「地域の農業生産の振興」と「組合員の事業及び生活に必要な事業を行う」ことにより、組合員はもとより、地域住民の方からなくてはならない存在として、引き続き利用していただけるよう、常に努力することをお約束します。

JA佐波伊勢崎は、利用していただく皆様に、安全・安心・信頼・満足をお届けするよう心がけます。

JA佐波伊勢崎は、ご利用いただいている全ての方に、JAで行っている販売事業・購買事業・信用事業・共済事業・資産運用事業等を通じて、「JAなら安心だ」、「JAなら間違いない」、「JAを利用してよかった」、と思っていただけるよう、行っている事業の内容やサービスを常に高めるよう努力することをお約束します。

JA佐波伊勢崎は、自然環境を守り、安全な食料を未来に伝えるJAを目指します。

JA佐波伊勢崎は、地域の自然環境保護活動に取り組むとともに、安心して暮らせる社会の維持・発展を、食料提供の立場から積極的に支援し地域に貢献することをお約束します。

概要・機構図・沿革

概要

正式名称 佐波伊勢崎農業協同組合
所在地(本店) 〒372-0812

群馬県伊勢崎市連取町3096-1

電話番号 0270-20-1220(代表)
FAX 0270-23-8611
代表者 代表理事組合長 森村 孝利

(平成30年5月25日就任)

設立 平成5年3月1日
地区 伊勢崎市・佐波郡玉村町
組合員数
  • 正組合員 6,565人
  • 准組合員 13,693人
  • 合計 20,258人
出資金 25億7,194万円
役員
  • 理事20名(うち常勤5名)
  • 監事6名(うち常勤1名)
  • 参与2名

(平成30年5月25日就任)

職員 350名(男:226名 女:124名)
店舗・事務所 本店1、支店8、事業所25
(以上令和3年2月28日)
貯金残高 1,859億7,773万円
貸出金残高 479億4,065万円
長期共済保有高 4,189億6505万円
販売品販売高 112億2,908万円
購買品供給高 40億2,327万円
宅地等供給事業扱高 1億2,553万円
(以上令和3年2月28日)

機構図

沿革

JA(農業協同組合)は、産業組合、農業会という農業団体の時代を経て、昭和22年に制定された農業組合法に基づき全国に設立されました。その後60年以上にわたり農家組合員の共同の力で作られた組織として各種事業を行い、農家の営農の向上と豊かなくらしを求めて活動しています。

当初は村単位の小さなJAからスタートしましたが、昭和40年代から市町村単位の合併が進み、さらに市町村を超えた大型合併により大規模化が進んでいます。JA佐波伊勢崎は、平成5年3月1日にJA伊勢崎市、JA佐波東村、JA群馬境町、JA玉村町の4JAが合併、平成22年3月1日にJA赤堀町と合併し、県内有数の大型JAとして新たな出発をしました。

立地条件

位置及び面積

JA佐波伊勢崎管内は、伊勢崎市・玉村町の1市1町の行政で構成されており、群馬県の南東に位置し総面積は165.14平方キロメートル(伊勢崎市:139.33平方キロメートル、玉村町:25.81平方キロメートル)となっています。
交通網は、鉄道がJR両毛線・東武スカイツリー線、道路は北関東自動車道・上武国道・国道354号など、かなりの密度で整備されており、首都圏100キロメートル以内の立地条件を活かし、県下でも有数な農畜産物の生産供給基地となっています。

JA佐波伊勢崎管内図(群馬県地図)

気象

関東平野の北西に位置し、赤城山と榛名山の山岳を背に、夏季は内陸的気候で雷雨が多く高温多湿、冬季は日照が多く空っ風が吹き乾燥するなど気象の変化が大きくなっています。

土壌

土壌は、玉村町・伊勢崎市の利根川隣接から広瀬川周辺にかけては、沖積土で水田を中心に、また、伊勢崎市東部で広瀬川の北・南・東にかけては洪積土で畑作中心の農業が展開されています。