TOP > 支店再編

支店再編への挑戦

JA佐波伊勢崎では、17支所体制から8支店体制へと支店の『再編統合整備計画』を平成19年に策定し、その『支所再編整備方針』が決議され、支店再編への実現に向けて準備を進めて参りました。


この『支店再編』では、支店を統合することにより安定的な経営基盤が構築でき、収益力が向上。それにより、更なるサービスの向上につなげることができます。
また、それぞれの店舗に人員を増やすことにより、1つの業務を複数の職員で担当できるようになり、若い職員がベテラン職員から実践教育を受けられ、知識とノウハウの向上につながります。
このことにより、事業の専門性を発揮し、相談機能の強化、事務処理の正確化、年金宅配サービスや現金宅配サービスなどの渉外体制の強化により、地域に密着したサービスを提供することができます。他の競争相手に真似ができない事業システムをもち、組合員とのより良い関係の構築と維持発展に努め、多くのことを支所で完結し、組合員・利用者皆様の多様なニーズに対し、迅速かつ高いサービス力を持って対応していくこともできます。


このように、JA佐波伊勢崎にとって『支店再編整備』とは、時代の変化に対応し、将来を見据えた改革であり、挑戦であります。


支店再編による新店舗の建設によって、支店が遠くなる等のご不便を感じられるかと思われますが、今まで以上のサービス力アップを第一に掲げ、組合員・地域の皆様方に親しまれ、ご利用いただける新JAとして注力してまいりたいと考えております。

平成27年4月25日をもちまして、支店再編が完了となりました。JA佐波伊勢崎は今後も新しい改革と挑戦を続けていきたいと思いますので、ご理解とご支援をお願い申しあげます。



ページ上へ